エオルゼアに降り立った5年前のボクに伝えたい3つのこと

f:id:Till0525:20190414215918j:plain

今だから言える、6年前FF14を始めたての自分に伝えたいこと。

これはFF14をこれから始める人や、まだ初めて間もない人に伝えたいことでもあります。

長年遊んでいるヒカセンは遠い目で御覧ください。

 

 

大切な仲間が見つかる

f:id:Till0525:20190414081054j:plain

自分から声をかけたり誘ったりするのが苦手なボクは、FF14を始めてから3ヶ月ずっと一人でした(笑

マップの広さや人の多さに驚き、テンションが上がりまくっているけどソロプレイ。

チャットはIDやギルドオーダーで「よろしくおねがいします」「お疲れ様でした」を言うだけ。

 

ボッチだからといっても悲しいとか寂しいとか、そういう気分になるわけではありませんでした。

一人でも別にいいやって。

何しろボクは元々積極的に交流しない、ボッチプレイヤーだったから。

 

常に受け身で、チャットの使い方もいまいちわからない。

そのうちこのゲームも飽きるんだろうな〜なんて考えていました。

 

そんなボクににも転機が訪れます。

高地ラノシアで釣りをしていると、二人組に声をかけられ・・・

ここからホントのエオルゼアライフが始まりました。

たくさんの人たちに恵まれ、今ではFCのマスターをやっています。

 

FF14では仲間が見つかります。

一緒に苦楽を共にする仲間がきっと見つかります。 

時には積極的に自分から行動することが仲間を見つける近道。 

うまくチャットを使えないのなら、エモートを使ってコミュニケーションしてみましょう。

 

別れは突然にくる

f:id:Till0525:20190414220342j:plain

每日のように遊んでいた仲間が突然ログインしてこなくなった・・・そんな体験したことはありませんか?

 

引退=キャラクターの死

こんな風に思っていた・・・いや、正直今でもそう思っています。

 

別れの理由は様々です。

  • リアルが忙しくなる
  • FCメンバー同士のトラブル
  • サーバーの移動etc...

ただ共通しているのはもう会えないということ。

 

早かれ遅かれ別れは来ます。

心の準備なんてできません。

 

オンラインゲームを続けるということは見送る側になります。

一緒に遊んでいた時間が長いほど別れがつらくなります。

それでも仲間との別れを恐れず、一緒にいられるその時間を楽しんでほしい。 

 

每日ログインしなくてもいい

f:id:Till0525:20190414215735j:plain

FF14を始めるまで有料のオンラインゲームの経験がありませんでした。

「お金を払うんだから每日やらなければもったいない!」

と每日ログインして楽しいエオルゼアライフを満喫。

 

無料のオンラインゲームを遊んでいたときはやりたいときにやる程度でした。

毎月お金を払って遊ぶということが、こんなにゲームへの向き合い方がこんなに変わるとは。

 

FCマスターになってから

「FCメンバーがお金を払って仕事とかで忙しい中ログインしているのに、つまらない思いをさせるわけにはいかない。ボクは每日ログインしなきゃ!」

と謎の責任感をもっていたこともありました。

 

仕事がどんなに忙しくてもFF14で遊ぶ時間を作る!と意気込み、ボクがゲームをする時間は家族が寝静まった夜です。

限られたゲームの時間を増やすために削るのはもちろん睡眠時間でした。

おかげでけっこう体調を崩しやすくなっていましたね(笑

 

現在疲れているときは早めに休み、時間を決めて遊ぶようにしています。

 

以前このような記事を書きました。

tillgame.hatenablog.com

 

この記事を書いた頃から睡眠時間の改善を続けています。

今では最低でも6時間の睡眠を取るようになりました。

 

体を壊すほど遊ぶのは間違ってるぞ。

 

 まとめ

f:id:Till0525:20190414220522j:plain

  • 行動すれば仲間ができる
  • 別れは辛い。それでも仲間との時間を楽しんでほしい
  • 体調を崩すほどやらない。每日ログインする必要はない

プレイ開始月(4月)になると「おぉ・・・もう○年もやってるんだw」と毎年の様に思い出すのでついつい書いてしまいました(笑

 

ひとつひとつの出会いを大切に。

どうか良きエオルゼアライフを・・・

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.